« July 2004 | Main | September 2004 »

2004.08.28

G-sessionスタジオ練習~浅草東宝~着付お稽古(~8/29)

DDA合宿の軽井沢から渋谷へ直行。
G-session(劇伴セッション)・スタジオ練習。全員が揃ったのは久しぶり~。苦手なパーカッション課題がまたも増えてしまった。終了後、久々に綿密な打ち合わせ。次回ライブは来年に決定。来年春ごろのようです。

ダッシュで浅草東宝オールナイト。「東宝 SF ピンキリ大会の逆襲」。
「緯度0大作戦」には間に合わず、「獣人雪男」が始まる頃に劇場に着くと、エスカレーターの下で特撮ライターの秋田氏にバッタリ。しばし立ち話。小林夕岐子さんの写真をもらった、わーい。
「獣人雪男」。おお山岳映画ですね。でも雪山じゃないや。
「大怪獣ドゴラ」。軽妙なセリフや芝居のやりとりがイイ! あー、これも天本映画でしたか。若林映子超絶に綺麗ですよ。
「惑星大戦争」。池部良の艦長姿がスキ~。
「東京湾炎上」。せっかくの大画面だったのにほぼ寝てしまった、ぐす(涙)。

朝。家に戻ってまた寝てしまい、免許更新に行き損ねる。まずいぞ。
午後からワールドコン対策きもの着付お稽古@また渋谷。帰り「クルリトーキョー」に寄り、黒ラメ着物とか赤紫の豹柄着物とか、あれこれと買う。新宿に出て飲み食いしながら旅行の打ち合わせ。帰宅12時。

免許更新は翌朝の朝いちでなんとか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.27

DDA軽井沢合宿(~8/29)

DDA合宿。今年も軽井沢、つか北軽? 嬬恋の貸別荘にて。

朝の新幹線に乗ってまずビール。別荘に到着してビール。
ビール片手に恒例・火星丼@ナデシコを大量に作る。
バーベキューで飲む。合宿初参加者を中心にTRPGを始めようとしたところで、ぐがー、と寝てしまう。
終わったころ目覚め(すまん)、朝までプレステ2「鉄人28号」。
鉄人のリモコンを操作する正太郎をパッドで操作する私を主任が後ろから口頭で操作し、鉄人は街を破壊しまくる。いやー、気持ちいいね。さらに正太郎くんを踏みまくる。やー、すまんすまん。でも頑丈だね、きみは。
「アタック25」大会を観戦しつつ少し寝て、起きてケロロ軍曹を観て、12時半には別荘を出る。
みんなはさらに翌日まで滞在。あとはまかせた~。

合宿のひとこま。
20040901_001b.jpg
会員Tさんの連れのお二人。今回は4人いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.24

SFX企画打ちあげ

中子さんご夫妻が上京されるとのことで、緊急に決行。
ご夫妻と、中村氏早川氏竹野氏に私、と企画関係者がちゃんと全員集合する。
赤坂のスペイン料理店。めっちゃ美味しい打ち上げに。
というかこの企画でいちばんオイシイ思いをしたのは、私のような気が。

しばしば奥さまを置きざりに、オタク話ざんまい。でも奥様の凄腕オーナー話もステキだ。
いったん家へ戻って取ってきた「超SF映画」にサインをいただく。ようやくです!

ホテルへ戻るご夫妻を見送って、残りメンバーでかるく居酒屋二次会。
12時すぎ帰宅。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.21

第43回日本SF大会G-con(~8/22)

第43回日本SF大会G-con
8/21~22 岐阜市・長良川国際会議場

企画をやりました。その1。
---
■愛しのSFX映画クロニクル /出演:中子真治・中村哲(予定)
 映画の歴史と共に始まった、SF映画と特殊撮影技術。観たことのない世界・ありえない世界をフィルムに定着させようとするその試みの歴史を、『超SF映画』『フィルム・ファンタスティック』の著者、中子真治氏に伺います。
 映画ジャーナリストとして八〇年代ハリウッドからSFX技術の進化めまぐるしい現場の熱気を伝えた中子氏は、その後ご自身もSFXプロデューサーとして映画「学校の怪談」シリーズに参加。
 ハリウッドのクリエイター達のエピソード、制作者としての手作りの特撮へのこだわり、また現在も岐阜・下呂町のご自宅にある「スターウォーズ」「ターミネーター」「ゴーストバスターズ」等々の撮影モデルや小道具、「メトロポリス」のマリアや「禁断の惑星」ロビイの実物大模型など驚異のコレクション映像も交え、ご紹介します。
---
下呂温泉へ取材に行ってきました。7/24~


その2。
---
■GURE GROOVE ライブ!(ノンアルコール版) /出演:浅暮三文(ほか)
 広告の世界で丁稚奉公、飲んで暴れて謝って、やがてコピーライターに。その間たゆまぬ小説修行に励み、飲んで暴れて謝って、奇想あふれるメタ・ファンタジィ『ダブ(エ)ストン街道』でメフィスト賞を受賞しデヴュー。異常な嗅覚や感覚を持つ男が主人公の異色ミステリ・SFなどを発表し、飲んで暴れて謝って、昨年『石の中の蜘蛛』で推理作家協会賞を受賞。
 いまや酔いどれ文士としての名声をほしいままにする(?)作家・浅暮三文氏が、仲良しの作家さんやライターさん(交渉中)と毎度バカバカしい生大放談を繰り広げる90分、特選ライブ仕様「GURE GROOVE」。たまにはしらふで暴れずでも調子よく、音楽や釣りや人生や異界や英米異色小説フェイバリッツを語ります。放談ご参加大歓迎!
--

この企画に出ました。
---
■文学とコスプレカルチャーのあいだ2(ジェンダーSF研究会)
出演:高原英理、牧野修、小谷真理、夏一葉、司会:尾山ノルマ(予定)

 服はひとつの装置だ。外と内を分けるだけでなく、外に向かって自身を伝える/偽る装置である。その効果は外だけでなく、内なる我にも返ってくる。影響を与えられる。そんな服を特化したコスプレとはいったいいかなるものなのか? また文学に現れるコスプレとは? コスプレに詳しいこの方々をお迎えして、その華麗なる世界に、みなさまを誘います。
 ※昨年の同名企画の続編(というより昨年が序章で今年が本編)です。
---

お泊まりはここ。「CON-PACK」。


---
てことで無事終了。企画にご協力くださった皆さま、ありがとうございました。

前田建設の企画に行けなくてちょー残念だったのだが、翌日の朝食のとき、
当の前田建設の方と隣り合わせに。なんとラッキー!!
やっぱりトライダーG7ですよと言ってみた。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.08.13

帰省(~8/20)

実家@富山。

13日晩は横山の本家で盆の「ヨバレ」(宴会)。清松叔父も元気。
初めて彼氏を連れて帰った頃はアレやコレや言われたものだが、数年たってもう誰も何も言わないんだが……。
帰省してすぐにパソコンはモデムトラブル、仕方なくPHSでSF大会の打合せメールなどを打つ。えんえん打つ。公共施設の無料インターネットコーナーも利用したが閲覧のみ、ダウンロード不可、どうしてもということなら500円と言われる。つーか我が家も早々にネット環境の整備を、頼むから>父&兄
彼氏はずっとわが老父のデジカメ&パソコン利用のサポート業務に従事。現実にはありえないような親切なサポート窓口である。申し訳ないです。
久しぶりに夕食を作ってみたが、スキルの激しい低下に愕然とする。
おそらく二十数年ぶりだかに宮崎海岸にて「たら汁」を食する。
十数年ぶりに車を運転する。その昔、雪道で蛇行し標識を倒して逃げて以来だが、なんとかイケそう。地元でなら。

20日朝に東京へ。大会準備もろもろ。夜は中子企画最終打ち合わせ@田町。深夜帰宅。DVD焼きもろもろ、早朝の出発時間ギリギリまでやって、岐阜へGo。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.08.10

熱海アトラク(~8/12)

UFCの「熱海ショウ」。10日~11日@熱海市・初川納涼市。
今年もMCを担当しました。11日の夜のショー終了後はそのまま熱海に宿泊、12日中に東京へ。

んん、熱海観光協会のイベント情報に載ってます? そーゆものだったとは……。
これは
一昨年これは昨年の様子。

というわけで、今年の「お楽しみ!ヒーローショー」。
今年の謎のヒーローは、つーかおなじみ、熱海といえばもう巨人伝説ラインでしょう。あー、DVD買わなきゃだわ。

んで、観ました。日テレ土9「愛情イッポン!」。
デパ屋上でラインのアトラクショーやってて、中村雅俊がバクシーザ着てますよ!
熱海のお子たちは観たかな?
しかし、ショー後にその場で半脱ぎのままうだうだって。それちょっと、ショーチームとしてあの。

さらに、ウルトラスーパースペシャルゲスト。
「帰ってきたウルトラマン」のスーツアクター、「ウルトラマン・ダンディきくち英一さんがご出演。って、ええっ!? うそ、マジすか!?
あの背筋がすっと伸びた新マンの、あのきくちさんが……クラッ。

熱海の夏、特撮の夏。

---
さて、今年も怪我もなく無事終了。
熱海のチビッ子のみんな、今年もラインを応援してくれてありがとう!
ご一緒した皆さま、今年もお疲れさまでした。

事前の打ち合わせが変更になるのは毎度のことだけど、今回は突如、
1日め=「きくちさん帰ってきたウルトラマンお宝トークショー」
2日め=ラピッドプログレス新作・製作発表「アサルトマン前夜祭」
となりました。こ、これは何かの特撮イベントでつか?

2日めは、新作「アサルトマン」で隊員役を演ずるみなさんが勢ぞろい。
隊長役のきくちさんは、もう大サービスで、
お客さんのお腹にのせた大根の居合抜きをご披露されるわ、
さらに、居合刀のきくちさんが洋剣(エクスカリバー)の悪ボスと剣殺陣をされるわと、
信じ難く激レアな展開に……。
一日め終了後の男風呂できくちさんが提案されてこーなったそうですが、
最初聞いたときは、ただの冗談かと。
それが、きくちさんに殺陣までつけていただくことになって、悪ボス青年はじめ
われわれ一同大感激。いいのかー。こんなことがあっていいのかー?
感涙。

私自身は1日めで声を潰し、自分のしろうとぶりに恥じ入るばかり。とほほ。

ところで、新ヒーロー「アサルトマン」のスーツはショーには間に合わなかったのですが、
9月以降、熱海の街のあちこちで撮影に現れるそうです。
いいなあ~。また熱海行きたい。

監督と「アサルトマン」のヒーロー&ヒロインのおふたり。
20040814_024.JPG

今回の悪ボス「シルバーギティ将軍」とMC「鯨岡エリ」(誰だよ)。
20040814_027.JPG

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.09

ジェンダーSF研パネル打合せ

ジェンダー研パネル今年のSF大会打合せ@池袋

めちゃめちゃな盛り上がりに。
高原さんも夏さんも、書いてるモノのスタイルがコワモテなのに、しゃべると面白すぎですよ~もう。

「パネリストは全員コスプレですから!」と、新進気鋭の文芸評論家にコスプレを強要するわれわれ。
その成果は大会当日にあらわれるのであった(8/21に続く)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.08

宇都宮亭宴会

@西大島。真夏のワイン&カクテルパーティ。午後から。

毎度ながら、おいしすぎ。幸せだなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.07

和室のDDA

DDA@大塚。例によって、いろいろやってるうちに大遅刻。和室で、二日酔いの頭痛が治まらずセッションにも加わりそこねたのをいいことに、ただ寝ていた。ぐう。
「はいはいお父さん、そこ邪魔でしょ」ってやつだよねと言われる。何とでも。「住めば都のコスモス荘」を借りる。

酔っ払った兄貴から電話。冬ソナについて聞かれる。知らん。すまん。と、言ったのに数分後、またかけてくる。同じことを訊く。兄さん、もしや酸素欠乏症に……?(いやその、今日「コンスコン強襲」を観たもんで)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.06

ウルフェス

昼はお勤め。早退してウルフェス。そこまでするか?と言われたが、だってライブステージに間に合わないし、もうこの日しかないし、いろいろあってタダ券のおこぼれにあずかれたわけだし。感謝感激です~。

ミート・ザ・ヒーローは「ゼアス」。なぜゼアスが3日も?と思ったら、DVD出るんですね。ウルトラ唯一のコミック・リリーフのゼアス君なので、やりたい放題~!と思ったが、あまり不埒な行いもと思いそこそこ自粛。シェーをやって!とリクエストしたら、やはり案内のおねーさんに「番組が違いますし~」とにっこりやんわり、でもハッキリ断られる。でもそれ以前にゼアス君は「シェー? それナニ?」という顔だった(いや、わかるから。面に表情出るから)。うーむ、せめてゲッツ!にすべきだったか。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.01

ジェンダーSF研・読書会

@高輪区民センター

13:00~:スタッフ会議
15:10~:なぜなに?ジェンダー2 「セクシュアリティについて」講師:柏崎玲央奈
15:40~:読書会「からくりアンモラル」森奈津子著 bk1
終了18:00。焼肉へ。

各方面のエキスパートが揃ったという感のある読書会でした。
判らないことは、ほぼ誰かが答えます。

孤高の自分が決して犯されることのない、森ナツの小説。
だからやおいと同じく、女性にとって実に安全で健全なポルノたりうる。
女の子にもっと読んでもらいたい。ああ、まあ、趣味の問題もあるけども……。

今回の名言。
「ユートピアって、恋みたいなものですね」@佐藤弓生さん。
さすが歌人でいらっしゃる……ステキ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2004 | Main | September 2004 »