« November 2004 | Main | January 2005 »

2004.12.31

帰省(~1/6)

正月なので@富山。コミケ2日めの動向によっては、31日? 悩むところ。
(12.19)コミケ2日目参加決定。友人のスペース手伝います。

飛行機もいいかと思ったけど、ほくほく線運行状況オッケー。
ほくほく線の特急はくたか号は在来線じゃ日本最高速の160km/hで走るんだぜ!(なぜ自慢げ?) 
毎度ながら指定席が満席だ……。どうする?
(12.25)キャンセル出たのか、取れました指定席。しかしJRのサイバーステーションは相変わらず重いわ。
---

31日。午前に帰省。雪はない。降ってもみぞれ程度の暖かさ。車の運転練習ついでに買い物、にわかパジェラー(でもミニ)。
夕食はI嵐(28)も同席。I嵐はここ何年も兄貴の飲み友達で、ヲタカラもゲーヲタ話もOKなので、私は常々、お前はうちに嫁に来い!と言ってきたのだが、そろそろか? よーしよし。我々二人で夕食準備。しかし白菜の切り方が大雑把だぞI嵐? 湯豆腐&豚しゃぶ美味しい。初詣は行かない。喘息ぎみ。

1日。朝食にI嵐も来る。おせちは隣市ホテル謹製。冷えた宴会料理を三日間食べ続けるいつもの趣。
その後、兄貴の部屋でI嵐が持参した「ネオロマンス・フェスタ3」DVDを見る。うわあこりゃ……! 動いてる田中秀幸さん初めて見たよ、三木さんええ男やわ、保志さん可愛すぎ、井上和彦投げキッスて! と盛りあがってると甥のD介(16)が来る。騒ぐ我々に黙ってつきあう。D介にすれば、I嵐はいわば離婚した親父の若い彼女だが、結構一緒に遊んでいるらしい。それから兄とD介とI嵐はボーリングへ。体調不全で私は不参加。
夕方、清松叔父(89)宅で当家一族会する新年のヨバレ(宴会)。I嵐が初参加。そして本家の娘のトモちゃん(31)が結婚決定だという、なんだとーっ!? 実は現在の当家独身子弟のうち、最初に結婚したヤツは清松叔父からハワイ新婚旅行ゲット♪という約束だ。「いい? 誰も5月まで結婚せんといてよ!」と牽制しまくるトモ。ちっ、さすがに5月じゃな……。
というわけで、主にわが一族の新旧結婚問題が話題に。私も世間並みに一通り説教され、それぞれに飲んだくれ、三々五々解散。さらに飲んだくれる兄とI嵐を残し、私はD介とタクシーで帰宅。がしまった、手ぶらで出たので持ち合わせがない。
「D介、払っといて」「ええっ?でも俺もちょっとしか」「おまえ、お年玉があるやろ!」。
もちろん後で返しました。

2日。朝食にI嵐も来る。午後、母と兄とI嵐とD介はカラオケへ。私も同行しD介に1stガンダム挿入歌を全部教える予定が(教えてと言うから仕方ない)、発作が悪化し寝ている。気晴らしに「沈黙の艦隊」「最終兵器彼女」「ネオ・デビルマン」「ゲッターロボ號」「破嵐万丈 薔薇戦争」などを読む。これむしろ百合戦争でわ?

3日。いい天気。体調イマイチだが午後、友人カナの新車HONDAライフ赤(超かわいー)でお出かけ。田んぼの真ん中にあって、レアで美味しいコーヒーを出す「ダックス・コーヒー」へ。なぜか近所の若者らがもちつき大会中で、激しい運動はムリというのに餅をついたり。楽しい。カナが参加した地域オペラの騒動を聞く。もう大変、大爆笑。
夕食時間に遅れて帰宅、通例親はぶつくさ言うが、I嵐が来てくれているからかスルー。それから高校の友人で数軒隣に嫁に来たマイちゃんと飲みに。居酒屋ながらスイーツ充実の「さくら」。お腹いっぱい。深夜の帰り道、神社を通りかかったので参拝。人影もなく真っ暗。が、近づくと突然明かりが! び、びっくり。センサーか。

4日。復調しない。パソコン、システムもPHS電波状況も不調でモバイルできない。いじるうちなんとか直り、メールや更新。Mカフェ暫定ブログにもコメントが、わーい。夕方、従姉Y穂ちゃんのお奨めの店で食事。居酒屋ながらスイーツ充実の「さくら」。って2日連続ですよ! 奥様の間で大人気らしい。
帰宅後、数軒隣のマイちゃん宅へ。町内の獅子舞のビデオを見る、彼女の息子(11)が若武者役で参加。12年ぶりの復活らしいが、そんなん全然知らなかった。

5日。復調せず。吸入薬使いすぎ。喋るの辛い。近所の温泉に行くのも厳しい。パソコンもまた不調。またマンガを読んだり古い何やかやを書き直したりして一日終了。とか言いながら深夜ナイナイ岡村の「無問題」を見てる。電話通訳ナイス。

6日。やや回復。東京に戻る準備。父と車で買い物へ。評判の魚津の鱒の寿司屋を探すが、既に売り切れ。予約購入。また運転してみる。とうとう雪は降らなかったなあ。夕方、東京へ。新幹線から降りると思いのほか発作悪化、歩けないくらい。ヤバイ。タ、タクシー……。異様にハアハア言い(怖い客だ)、無事帰宅。

賀状を下さったみなさま、ありがとうございます。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.12.24

「星間特捜アサルトマン」DVD発売

ラピッドプログレスの新作特撮DVD、「星間特捜アサルトマン」。ついに発売です。
詳細は発売元:禅ピクチャーズのサイトにて。

そーか、ライデン君は地球と友好関係にある惑星出身、ていう設定だったのか!(て今更)
それでウルトラとかと違って、彼の素性をチームクルーも知ってるんですね。
詳しくは同じくこちら↓ サンプル映像も見られます。
http://www.zen-pictures.net/products/assaultman/index.html

スタッフ・撮影協力一覧に、われらが夏の熱海のアトラクチーム「チームしぐなす」(&リーダー)の名もあり、ここ毎年お世話になってる「かど半別館」や、見慣れた名が並んでます。何か嬉しい。
とかってよく見たら「原案:きくち英一/荒井豊」ていう記載が、うわあっ、そうなんですか!?

またアサルトマンの続編、変身巨大ヒロインもの(!)の「星間特捜アサルトライザー」も同時発売。なるほど超激忙しいはずです、ラピッドさん……。
こちらは巨大変身する顔出しタイプのヒーロー、てかヒロイン。これまで映像作品にはないよね?
しかしやっぱマスク被ってないと!、とか人間の姿で巨大化してよ!とか、嗜好に応じていろいろな要求がありそう~^^)
とかってよく見たら「原案:きくち英一/荒井豊」ていう記載が、うわあっ、そうなんですか!?

---
12.21付記
「アサルトライザー」の原案、荒井さんによると記載は間違いとのことです。ホッ^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

空想小説ワークショップ

昼は仕事。ツリーの片付けを手伝う。もう学生は来ないしな。

WS@池袋、18:30~。そしていつものように酒を飲むのであった。やっぱり。
いつものように翌朝5:00帰宅。

前日会った皆さんとまた飲む。普段は来ない顔ぶれも多くきて、いつもより飲み会人数が多い。クリスマスイブなのに。前日(我々のひどい仕打ちで)会えなかったのださんも、新刊本「ワールドコンの歩き方」を持って合流。イブなのに。気づくと朝方まで川又先生がいる。クリスマスなのに。

マッドサイエンティストカフェ会議の続き。
カタログで備品検討。積立金集め。キャストさん面接2名。プロフィール取材。1月の合コンの打ち合わせ。順調順調。深夜、のださんとN村さんがバイオ業界の内幕話?を始める。二人に挟まれ、いまここがマッドサイエンティストカフェ。って、SF周辺の飲み会ではよくあることかも。気づいたら自分だけだよ文系、みたいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.23

マッドサイエンティスト・カフェ開店準備研究会in宇都宮亭

@西大島。15:00~、各自目標地点にて待機。客を装い盛会に協力せよ。20:00、状況開始。制圧後、鴨蔵参謀の到着を待って第4回会議を開始する。時計あわせ。かかれ。

あっと、まずは参加表明しなくちゃ~。
しました。

---
絶対に喰いきれない飲みきれないのが宇都宮亭。
とわかっていても、早々に飲み喰いして途中でへろへろになるのだった。
最後のスイーツにちゃんとたどり着けることも少ないが、どころか、メインのターキー&チキンが出る前に胃容量使い切ってたね! でも食べた。おいしかった。満腹でも旨い物は旨い。
何人いたんだ? 入れ替わりつつ17、8人、もっと? ホームパーティで立食て! 賑やかだったー。ごちそうさまでした。

会議? あーそうだ。うん、したした。重要な進展があった。いやホント。
もう後のことは翌日のワークショップでねー。へろ。

と調子よく酔っていたら、誘っていたのださんからの着信に気づかず、のださんは秋葉原まで来ながら帰ってしまったそうなのだった。ごめんなさいごめんなさい。これまでも何度か(別の人に)同じ失敗をしてきたことに思い当たり、深く深く反省。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.19

HDDレコーダ出張修理

RD-XS31、DVDドライブ不調(殻RAM認識せず)のため。時間未定。

---
昼前到着、と電話で連絡があり、ボンヤリTVで将棋を見ていたら、11時半ごろにサービスマン到着。
あわててDVDレコーダを一階へ降ろす。もちろん二階にはとてもお通しできない。

当機のドライブは、故障が多いと評判のTOSHIBA製マルチドライブ。
11月末に修理依頼し、12月頭に修理の予定だったが、「交換部品がまだ来ない」と先送りにされていた。ようやくのサービスマン来訪。
不調の確認もせず、アッサリ同型品と交換。
「それ、故障が多いって話ですが?」と言うと、「ヴァージョンは上がってますから……」と、気弱な笑いの痩せたサービスマンのおじさん。でも確か東芝は自社製DVDドライブ開発から撤退を決めたのでは?ソレも生産中止でわ?とも言い出せず。行く先々でクレームに対応してるんだろうし。お疲れさまです。

HDDレコーダの中身はメインボードと何かのボードとHDDとDVDドライブ、ほぼパソコン(しかもスカスカ)。手順もパソコンのドライブ交換と同じ。ドライブ送ってくれれば自分で交換しますよ。あ、適当なのを買ってくればいいのか。(<それは改造です。)

いちおう何事もなく動いているが、相変わらずディスク認識に時間かかるし、長持ちする気がしない。まあまた修理に出せばいっか(ビックカメラの5年保証が)。
とはいえ進化も値下げもめまぐるしい新型機をすぐ買ってしまいそう――そか、それ推奨?

たぶん当分はRDライフ。やっぱ気に入ってる。

再度、HDDレコーダを二階の他のAV機器に繋ごうとしたら、1時間もかかってしまった。
初動が遅れ予約番組を撮り損ねる。ぐはっ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.18

G-sessionスタジオ練習1218

G-session(劇伴セッション)@渋谷。16:00~
今年最後の練習。なのだが、昼間は出勤なので合流17:00頃予定。

---
出勤。説明会の参加者に、去年「ファニエスト外語学院」見ましたよと言われる。くずおれる。

スタジオへ。歌詞が覚えられないので、道々MP3を聞きつつ「レロリロビロ♪マンキー・マージ♪」とか呟きながら山手線。スタジオに入ると、まさにその曲の真っ最中。
急なご不幸にてドラマー不在練習で、主に細部チェック。大ヒット曲だと観客が(みなおたく)細かいフレーズまで覚えてるかと思うと、楽器の方々も難儀なようす。私は、パンチな奥様コーラスに拘泥してみる。覚えてる人は少なさそうだが。
ミスター・タイヤキ曲の新候補に、「SW」が挙がる。それイイ~と喜んでたら、コーラスの負担箇所を指摘され、やや暗い気分に。そこで押せない自分にブルー。
今回ラインナップのひとつ「まぼろしのブルース」は作詞上原正三、作曲渡辺宙明(推定)というセカイ征服系ソング。その2コーラスめをご本人に書いてもらおうぜと言い出す西川さん。覚えてないでしょー、というと、いやいやこれが、とひとしきり上原氏の話題に。そういえば、「螢・わかれうた」のことも覚えていらしたっけなあ。
休憩中は、ファイナル・ゴジラの話題。腹巻猫さん西川さん共々、特撮諸兄が絶賛。ゴジラの復活シーンがメカゴジラ登場の曲でソレそのものだったとか、冒頭の東宝マークがキンゴジだったとか。3回は見ろと言われる。うーん、監督というより、背後におたく対策ブレーンがいそうな。
そんなこんなで練習終了。

すっかり恒例、パセラでネタDVD。中澤さん持参の「仙波清彦とはにわオールスターズ」のライブ。パーカッションのとても偉い凄い人がいるんだよと皆から教わる。その技、その音に釘づけ。カコイイ! そりゃ仙波さんは白衣メガネ姿でしたが、それとはまた別です>中澤さん。しかし、何より戸川純の「リボンの騎士」が! 惚れる! すげーオーラ! サファイアがそこにいるよ!
後半は久々、カラオケに。「キャンディ・ワルツ」、20数年後に人前で歌うことになるなど当時の自分に想像できたか? つか昨日までまさかこんな未来がくるとは知らずにいたよ。ありがとう、技術の進歩さん。ありがとう、ミッチーファンの皆さん(堀江美都子の全曲集から入った模様)。

コミケ前日の忘年会は新年会に振り替え。残念ー、でも年末予定が少しラクになったかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.12

第3回げんこつまつり

burner.gif

労働者の音楽祭・第3回げんこつまつり
@小金井市公会堂(JR武蔵小金井駅下車5分)。15:00~20:30。前売り2000円/当日2500円/中学生以下無料

新宿のライブハウスでの第1回、町屋のタウンホールでの第2回に続き、司会を担当です。
なんか、倍々で大きくなってます? レイバーフェスタ2004参加企画です。

ゲスト:高田渡中川五郎(with HONZI)/寿[Kotobuki] バンド編成/花&フェノミナン
出演:アブライティ/末森樹/瑠璃/K-UNIT/「東水労バンド」

---
無事終了。スタッフの皆さん、出演者の皆さん、お疲れさまでした!
当日のライブレポートが、公式ページにアップされてます。
---

3回目の司会、事前打合せが十分だったにも関わらず、毎度のへぼい調子で。
舞台袖で出演者のななめ後ろからずっと演奏を聞いてたわけが、あー、やっぱり客席にいたい、私もステージ下で踊りたい!と袖でヒトリ踊ってたら、つい出に遅れたりして、ああもう。自分的にお目当てだったHONZIさんに、結局お声をかける機会がなかったり、ぐす。動員はこれまでの最高となったけど、小屋の大きさからするといまいちでもあり、ほとんど売上に協力できず申し訳ない、なんて自分的には反省いろいろ。
でも今回もまた、ステージも客席も楽屋も袖もロビーも熱気あるイベントになった。感動のシーンもたくさん。

---
てことで来年以降も続くらしい、「げんこつまつり」。
これまでのところ、いつも前回キャパの3倍見当なので、次回は3000人規模のホール^^;)、そしてその次は1万人台・つまり武道館か^^;;)! あーでも、個人的にはどっか野音の、客席で踊りたいなーっと(ぼそっ)。

今回のオレお宝写真。今回白状したが、中川五郎さんはブコウスキーの翻訳家としてしか知らなかったのだった。

ところで、コスプレは?コスプレは?と、思わぬ多くの方々から言われ、そりゃもう依頼があればいくらでも何でも! なんですが、やはり組合バレが一番困惑。いろんな意味で、とほほ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.11

DDA忘年会、のはずが

ダンジョン・ダイス・アーツ@大塚。またも久々2ヶ月半ぶり、すまんのう。忘年会つき。
---
って、体調崩して一日寝てました。行くようなこと言っといてごめん>主任(ってここで謝っても)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.04

空想小説WS忘年会&出版記念会

300w.bmp
たぶん夕方から? そして、いつ始まろうと間違いなく翌朝まで。

空想小説ワークショップの受講生も多数参加した単行本「三百字小説」(嶋中書店・¥1400)が、11/22に出版。
雑誌「遊歩人」の川又千秋氏の連載「三百字小説 ONE SHOT NOVEL LAND」への投稿作品と、川又氏の作品を中心にまとめられたもの。

その上梓お祝いと、恒例の忘年会をかねて、今年も大宴会だぜうりゃ~。
わたしは(やっぱり)書けませんでした。ダメ受講生。

--
なんとか終了。またダメな酔い方をしてしまった。

翌朝、予報どおりのスゴイ暴風の中を帰る。なかなか体験した覚えのない風速、傘もくにゃん、と曲がってしまう。お気に入りが(涙)。TVによると風速40m/s。あ、そんなもんか。都内でもフェンスが民家の屋根に落下、へえ大変、と思ってたら、めっちゃ近所やん! ビクビク。
HDDレコーダの出張修理が来る予定だったが、交換部品未着とかで先送り。んもっ、誰のために時間を空けて部屋を片づけたと思ってるのよう! あー、でもこれで寝れる、バタ、ぐう。なんか暑い、ぐう。夏日っておい、ぐう。あ、もう夜かでもまだ吐き気がゲロ、ぐう。はっ、もう朝、死ぬー、まだ死ぬー。いやそれはイカン、ドタバタ。出勤。

結局、月曜夜まで宿酔いの頭痛が。ひどく辛い。いったい私が何をした(しこたま飲んだんです)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2004 | Main | January 2005 »