« December 2004 | Main | February 2005 »

2005.01.23

G-sessionスタジオ練習0123

@渋谷。12:00~15:00
終了後新年会。

---

西川(key.)さんと新井さん(dr.)がそれぞれ諸事情で合流できず。大変ですね……。
主に、おうた関係ブラッシュアップ(特にCAT隊コーラス)。
後半はミスター・タイヤキの追加曲選定。あのー。また、どんどん客を選んでいませんか?
大きなことを言うようですがこれを演るのは日本広しといえどもウチだけ!断言するけどコレ絶対初カヴァーですからっ!という曲が多すぎ。
でも、サントラパブのお客さんには受けるよー。つか、完全に「そのテの」客ウケ、主軸で曲を選んでますよ。というわけで、ますます曲のラインナップが、濃くてコアな世界へゴー。「流星人間ゾーン」がメジャーすぎという理由で外す議論になるのはどうよ、どうなのよ!(結局どうなったんだっけ)
あ、でも今回の追加曲、ちゃんとカラオケに入ってたりするし、他コーナーの曲にくらべると、まったくメジャーだわ。

新年会は、まっすぐパセラへ。ジャパネスク階の和室の部屋がなごめそうだったので、変えてもらう。快適快適。新年会ぽい。そして、やはり一曲も歌わずネタDVDを見て笑って過ごす、オトナでスノッブなわれわれであった(意味わからんて)。ああいや、東京ムービーOP・ED集で歌詞を見ずに絶唱していた子がいたなあ。まだ小さいから。年が明けたのに君はまだちっちゃいなあ、なごみちゃん(おい)。

店を出ると6時。雪も降っていて、今日は解散。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.22

宇都宮亭チーズフォンデュ新年会

@西大島。15:00~

「マッドサイエンティスト・カフェ第一回酔っ払ってない会議」も開催予定。13:00から。
本日、はじめて現在のスタッフ全員が顔をそろえる予定。
宇都宮亭を蹂躙しまくりですな、われわれ。
---

「酔っ払ってない」会議。初の開催。
不破チャンから30分遅刻すると電話。慌てずに来いと伝える。
ほとんど初顔あわせの鴨蔵氏とのださんからそれぞれ、ほぼ同時に、「約束のミスドにいるけど、まだ誰もいないんですけど!」と連絡が。のださんはメール、鴨さんは公衆電話発信(鴨蔵氏は頑として携帯を持とうとしない)。鴨さんに、のださんに伝えるから店のまんなかで踊るのはどうだ、と提案したが、却下され、のださんに鴨さんの特徴を伝え、うまく会えることを祈る。会えたらしい。
西大島に到着すると、不破チャンとバッタリ。なんで?と驚かれる。すまん、実はオレ遅刻だったんだよう。時間を決めた奴が遅刻はシャレにならんから、言えなかったんだよう。ごめんなさいごめんなさい。で遅ればせながら合流。ほどなく、ごく近所のみんさんも合流。
わりと真面目に、会議会議。
のださんは今日、初の宇都宮亭参加(昨年の日記参照)。おかゆを食べた彼女に、あら、と鴨さんが言う。キッパリ。「宇都宮亭を甘く見ると、ひどい目にあうわよ?」。そう言ったと思ったんだが、勘違いかなあ。

さて、宇都宮亭。
先ほどの会議で決定したサイト関連作業を、早速みんさんと一緒に行う。もちろん宇都宮さんのパソコンから! FTPはもちろん、必要なツールを勝手にダウンロードしてインストールして、もうやりたい放題である。
しかし、宇都宮さんはまだ気づいていないはずだが、実はこの部屋はすでにわれわれに徴発されているのである。こここそ地上初のわれわれの作戦基地、「世界征服も宇都宮亭乗っ取りから!」by鴨蔵、である。
というわけで、ほかの皆さんが次々合流し、ごちそうもできて、そろそろ乾杯だよー、と言われてもまだ作業に没頭する私とみんさんであった(何しに来たんだよ、ホント)。

その、ぼちぼち正式稼動開始のblog「楽屋裏ラボ@マッドサイエンティストカフェ」。
まだ項目が増えるかも?のマッドサイエンティストさん応募フォーム

毎度のこと、メインにたどり着く前にお腹がいっぱいに。死ぬほど食ったのに、まだまだ食べたくてたまらない。そうか、わたしはチーズフォンデュが大好きだったのか! 特にパンのやっつー♪

さて、夕方石神さんも合流して、今回、初めてマッドサイエンティストカフェ・スタッフ全員が揃った。スタッフ集合写真を撮影。もう酔っ払っているので、やりたい放題が加速している。ああしろこうしろ、しつこく言ったすえ、結局は撮影の山崎さんプロデュース写真が採用決定。みなさんありがとう! 満足です。のださんの美形めがねっ娘姿も見られたし。すげえ、のだざんがわいいー。ハアハア。写真もあります。ご希望の方はオレまで(値段は応相談)。

毎度のこと、お片付けもハンパに「終電が」とか言って、さっさと宇都宮亭を辞する。
帰宅12時半。
この夜、宇都宮さんの片づけが終了したのは、午前3時半を過ぎていたという……。(前回値において推測)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.19

「血を吸う」打ち合わせ

B0007LCWDK.09

@銀座。18:30~

どうしましょう、次のコメンタリー司会がきちゃいました、オレ的に凄い作品が!
佐々木さんのときも睦さんのときも、何かというと岸田森の話題を振ってたから? 背後から襲われて喉元に噛みつかれた気分♪
DVD「血を吸う眼」の音声特典コメンタリー司会を担当。お話は本作プロデュ―サー田中文雄氏。ガクブル~。

従前からの噂どおり、映画「血を吸う人形」「血を吸う眼」「血を吸う薔薇」の3作をまとめて、「血を吸う」BOXで発売。正式名称は「血を吸う箱」。そうこなくっちゃ。
おまけに! すごいオマケがつくのよ。
吸血鬼の岸田森がついてくるのっ!
これは買い! つか買わねば!
発売は4月末。Kyon-Cちゃん@六月小劇場は、大・大・大期待して待つように!

うっ、でもその前にまず収録。がんばります~。
繰り返し見るの自体、怖いんですけどね(ホラー苦手なんだってば)……。
田中氏にこれは聞いとけ!てことがあれば来週までによろー。

---
てことで、東宝本社で血を吸う司会者打ち合わせ。そういえば一人で行くのは初めて。ドキドキ。
東宝の担当Nさんと、特撮ライターNさんと、今回DVDコメンタリー初仕事の本職MC女性Iさんとマネージャーの方と。話は主として、ゴジラ50th記念DVD-BOX特典・ゴジラヘッドの外箱の大きさについて(って、それ)。小型冷蔵庫ぐらいあるらしい。そして「危ないから良い子はかぶって遊ばないようにね!」と注意書きがつく(嘘です)。

各巻のコメンタリーは、
「血を吸う人形」が、女優・小林夕岐子さん! アンドロイド美少女♪
「血を吸う眼」が、プロデューサー・田中文雄さん。またの名を草薙圭一郎(これは知らなかった)。
「血を吸う薔薇」が、チーフカメラマン・原一民さん!
そして、さらなる封入特典として吸血鬼の岸田森が。あー、楽しみだー。

終了後、NさんとNさんと後から合流のNさんの後輩Oさんとで、近所の焼肉屋で飲み食い。やはり「FW」の話とか「ローレライ」の話とか。私はFWは爆笑しながら楽しく見たので、あとは本編アクションの分を全部怪獣のシーンにすればオールOK、と言ったのだけど、「ひどい悪口言うよねえ」「監督への暴言ですよ」と言われた。えっそうかな?
「ローレライ」。試写での評価も聞いたけど、いろんな意味で楽しみ。そして、樋口氏ももち意識してたという「潜水艦イ-57降伏せず」での、池部良の潜望鏡のカコイイ!演技について、皆でひとしきり。あー、来月CSでやるねー。見よう。
にしても「戦国自衛隊1549」、「亡国のイージス」、TVの「ジパング」も含めて、すっかりミリタリSF系バブル(すごくムリヤリ)。いやいや。CSピースチャンネルの休止はガックリきたけど、防衛庁の広報が映画方面に人手を取られたせいか?(素直に考えればイラク派兵だろ。) ともあれ、税金がまわりまわってSF映画をフォローするのは結構なことで。むしろ防衛庁は宮崎駿氏に金出して、バカ戦車アニメ映画を作ってもられれば。

そろそろ終電かー、と思ったあとが一瞬。2時半帰宅。

戦国自衛隊。つい、さらっとSFくくりにしたけど。
川又先生によると、SFマガジン連載時にはみんな「なぜこんな中間小説のようなものが、SFマガジンに?」という感想を持ったとか。もちろん半村さんのSF的仕掛け自体はいつもどおり精密に仕組まれてるわけで、それはそれで判ってたそうだが。確かにシミュレーション小説だよねこれ。日本沈没も。そういや私も昔は、これをSFというのは違和感あったかも。忘れてたよすっかり。

---
イギリスでは「血を吸う」シリーズはDVD化済み。ジャケ、カッコいいな。

B00009PB0G.02B00006BT7R.02B000071WKA.02
(リンク先はamazon.uk)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | February 2005 »